ワキガとは

ワキガは汗くさいにおいとは違う

 

ワキガとは、暑い時期や運動時に汗をかいてにおう『汗くさいにおい』とは違った、皮膚のアポクリン腺から分泌する汗が原因で起きる独特の強いにおいです。

 

体臭は誰にもありますが、ワキガは独特のにおいであるため、においに敏感な日本人には、特に気にする人が多い傾向があります。海外ではワキガを体臭の一種として気にしない国もありますが、日本では病気ととらえて治療も行われています。

 

ワキガのにおいは、個人の感覚に違いがあるため一概に表現できませんが、ゴボウのにおい、鉛筆のにおい、雑巾のにおい、といった例えをする場合もあるようです。

 

 

不快で強い独特なにおいのため、本人も気になりますし、周りの人にも嫌な思いをさせてしまうために、デオドラントなどのワキガ対策グッズを使う人や、手術による治療を受ける人もいます。

 

また普通の汗とは違って、アポクリン腺から分泌される汗は衣類に黄色いしみがついたり、汗の量も多くなる傾向があるため、においだけでなく見た目でも不潔感を感じさせてしまいます。

 

 

ワキだけでなく、アポクリン腺のある性器や乳輪からにおいがしてしまう「すそわきが」と呼ばれる症状もあり、女性にも悩みを抱えている人も多くいます。

 

 

ワキガはにおいの不快感と汚れの不潔感のもと!

ワキガの自覚がない人も多い

 

ワキガではない人が近くにワキガの人がいればすぐに気がつきますが、意外と自分のにおいに自覚がない人も多いようです。

 

特に家族にもワキガ(ワキガは遺伝も関係しているので、家族も自覚していない場合もある)の人がいる環境で育つと、小さい時からワキガのにおいに違和感がなく、においの感覚が麻痺してしまっていることもあります。

 

 

では、ワキガであることを周りの人が教えてくれるかといえば、余程親しい関係でなければ、相手にワキガだというのは教えてあげる側も抵抗感があり、結果的に本人が気がつかない、自覚しないまま、周りに不快な思いをさせていることが多くなっているようです。

 

まして一緒にいる時間が少ない間柄であれば、その場だけ我慢すればよいという思いから、あえて相手に失礼になるかもしれないワキガのことを指摘する人はそうはいません。

 

 

しかし、ワキガがあることは、決して本人のためにも、周りに人のためにも良いこととは言えません。対処法がないことや、治療法のない病気であれば仕方ありませんが、

 

 

ワキガは対策をすれば、治療をすれば治すことができます。

 

 

ワキガを気にして精神的なストレスからうつ傾向になってしまう人もいますが、対策と治療をすれば、悩みは解消できるのですから、早めに自分のワキガがどの程度かを自覚して、対策をしていきましょう。

 

 

ワキガの自覚があれば、適切な対策をとり治すことができる!